韓国旅行・観光ガイド-観光スポット・昌徳宮・宗廟・景福宮・徳寿宮・昌慶宮

韓国旅行観光ガイド
HOME

韓国出発前に

韓国旅行の基礎知識
韓国旅行の準備

楽しもう韓国

ソウルの楽しみ方
ソウル市場めぐり
ソウル世界遺産めぐり
釜山の楽しみ方
済州島の楽しみ方
韓国料理の楽しみ方
韓国免税店でショッピング
韓国人と友達になろう
リンク集

ソウル世界遺産めぐり

ソウルの観光スポットとして鐘路区にふたつの世界遺産を含む5大宮があり、李王朝の栄華を今に伝えています。韓国の歴史と文化を肌で感じる古きよき伝統を紹介します。

昌徳宮 ■昌徳宮
世界遺産である昌徳宮は1405年に太宗によって建築された宮殿。正門である敦化門は観光スポットとして人気が高い。1時間のガイドツアーができる。

住所:鍾路区臥龍洞1
アクセス:地下鉄3号線安国駅3番出口から徒歩6分

宗廟 ■宗廟
世界遺産である宗廟は李王朝歴代の王と王妃の位牌が祀られている。昌徳宮と隣接しているので一緒にめぐりたい。

住所:鐘路区甚井洞1 
アクセス:地下鉄1・3号線鍾路3街駅7番出口から徒歩5分

景福宮 ■景福宮
1395年に李王朝創始者の李成桂が建築。ソウルの王宮の中で最大規模を誇る。敷地内の香遠亭(写真)は美しい。

住所:鍾路区世宗路1−1 
アクセス:地下鉄3号線景福宮駅5番出口から徒歩2分

徳寿宮 ■徳寿宮
明洞から歩いていける距離にある。9代国王の成宗が家族の私邸として建築。西洋建築を取り入れた石造殿。自撃漏と呼ばれる国宝の水時計は必見。             

住所:中区貞洞5−1
アクセス:地下鉄1・2号線支庁駅2番出口から徒歩2分

昌慶宮 ■昌慶宮
4代国王である世宗が父の離宮として建築。昌徳宮の隣にある。文禄の役でほとんど消失し後に再建されている。             

住所:鍾路区臥龍洞2−1
アクセス:地下鉄3号線安国駅3番出口から徒歩10分



Copyright Tennismans. All Rights Reserved.
沖縄旅行ガイド - ハワイ旅行ガイド - 中国旅行ガイド - ダイエット人気商品比較 - グアム旅行ガイド - サイパン旅行ガイド - 視力回復 - レーシック - 安全レーザー治療の解説